実験と観察はとても大切だと思って、いろいろと試しています。
100均や空き缶・段ボールを利用して作れるものはなんでも作ります。
実験や観察についての本はたくさん出版されてもいますが、いきあたりばったりで自分の工夫をくわえることがおもしろいのです。

2020年2月8日土曜日

★電気★化学★ 乾電池を分解しました

古くなった乾電池を分解してみました。マンガン乾電池です。
アルカリ乾電池はかなり異なっているはずなので、次の機会にやります。
今回は、あくまでマンガン乾電池の話題です。
これが元の乾電池です。

周りをはがしたところです。周りをはがすと、プラスチックのフィルムがありました。
それもはがすとこうなります。
上のキャップを外すとこうなりました。
中に突き出ているのが炭素の周りは亜鉛の缶です。
中を埋めている黒い物体が二酸化マンガンだと思います。
炭素の棒を抜き出して、テスターをつなぎました。
炭素棒の先を少し二酸化マンガンに触れさせると、約1.5ボルトの電圧が出ることがわかります。
これは残った亜鉛の間を真っ二つにしたところです。
二酸化マンガンに、異なる種類の金属を差し込むと、その金属の間で電圧が発生します。
鉄の釘と銅線を差し込んでみたら、約0.3Vになりました。
これは分解した電池をバラバラにしたところです。
炭素棒・亜鉛の板・二酸化マンガン、といったものを集めることができました。
取っておいて別の実験をしてみたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿